りんこ夫妻がゆく!早漏改善体験談

あなたと同じように旦那の早漏と向き合いながら改善に取り組んできた体験談などをご紹介しています

セックスのお悩み

早漏を克服しないまま人生を送ったときのデメリットとは

2016年12月21日

当サイト管理人である僕は、もう20年以上は早漏です。
過去には女性から早漏であることに不満を抱かれ、浮気をされたり別れてしまった経験があるので「早漏=悪である」という図式が常に頭にあります。

しかし、僕個人のものさしで早漏すべての漢を否定する気持ちはさらさらありません。
中には「早漏なんて気にする必要なし!」と開き直ってしまっている男性もいるかと思います。

そこで、ここではそんな早漏上等!な考えを持つ男性が、早漏を克服しないまま人生を送った時にどんなデメリットがあるのかを、3つのタイプに分けたケースでシェアします。

デメリットその1:性に淡白な男性はずっと独り身で過ごす可能性が!

「女は性欲処理の道具」
「挿入しなくてもフェラや手コキでヌイてくれれば良い」

セックスがキライ、または自信がないことで、本心から女性を性欲処理の道具のように扱いたいのであれば、早漏を気にする必要はまったくありません。

早漏の何が問題かといえば、女性に対して挿入時間が短くて満足感を与えられないことなわけで、ずっと連れ添うパートナーを作る気もないのであれば、早漏でも問題は何もないということです。

風俗にいけば、短時間でプレイが終わる貴重な上客として重宝されるでしょう。
自分の快楽だけを優先して、ずっと独り身で生きていくのであれば、それでノープロブレムです。

実は僕も、浮気されてフラれた時は「性欲処理は一生デリヘルとかAV観てれば良いかなー」などと考えていたこともありました。

でも、30代、40代と年齢を重ねていくにつれて、性への欲求は薄れてきます
代わりに、沸き起こるのは寂しさなんですよね。

若いころは、快楽に溺れる毎日がただただ楽しいかもしれません。

しかし、その楽しい時間は、残念ながらずっとは続きません。

独身のまま生きていけば、

  • 孤独(死)…年齢を重ねるほど、一人が寂しくなる。部屋で一人死に至った時に、下手をすると誰にも発見してもらえないことも。
  • 食生活…自分ひとりだと、ついつい食事管理は疎かになりがち。年齢とともに、生活習慣病による糖尿病や高血圧、脳梗塞などの病気が怖い。
  • 老後の不安…超高齢化社会へ突入した日本。独身のままであれば配偶者、子供、孫に恵まれず、老いた体一つで生き抜いていかなければならない。

40代へ突入すると、徐々にこんな不安も感じるようになってくるのです。

デメリットその2:セックスに自信がなくて彼女や妻の性的欲求を満たせない

パートナーがいる男性でも、彼女や妻と自分との間に性の不一致が起こり仲たがいを起こしているケースもあるでしょう。

僕自身、セックスはキライではないのですが、正直あまりにも数が多いと心身ともに疲れてしまい、日常生活に支障をきたします。

過去の恋愛においても、彼女が求めるセックスの回数と僕の希望回数がマッチせずに、しばらく二人の間に不穏な空気が流れてしまったことがあります。

はっきりと言葉にされたわけではありませんが、「早漏な上にセックスの回数が少ないなんて・・・」という不満が向こうにはあったようです。

「そんなビッチな女はいらん!」と亭主関白っぷりを見せる男性も多いかと思いますが、女性は欲求不満な自分の姿を大好きなパートナーへさらけ出すことを躊躇した結果、浮気や不倫によって性欲解消へ走るケースも決して少なくありません。

僕の女友達もその一人でした。

自分が勤める会社の上司と付き合いながらも、陰で同僚とカラダだけの浮気をしていて、それが上司にバレて修羅場になっていたのを見たことがあります。

怒りの収まらない上司に髪を掴まれて、腹をボコボコに蹴られたそうです。

でも、その女友達は、あっけらかんと「なんでバレたんだろー。アハハ」って言っていました。女は怖いです・・。

女性って本当に上手く浮気します。
身体を満足させられていないということは、浮気される危険性は高まると思っておいて良いです。

他にも、「Yahoo知恵袋」や「教えて!goo」などを閲覧していると、生々しすぎるオンナの欲求不満っぷりに、衝撃を受けますので、一度「早漏 浮気」などのワードで調べてみることをオススメします。

デメリットその3:早漏でも回数でカバーできるツワモノも年を取っていけば…

私がかつて勤めていた会社の後輩にも「最初はフェラで一度ヌイてからセックスしますよ!若いんで(笑)」というタイプがいましたが、正直、早漏の身としては回復力のある漢を見ると本当にうらやましいです。

OL200人を対象としたアンケート結果によると、一晩の希望セックス回数を「2回以上」と回答した割合が半数以上。

出典:https://joshi-spa.jp/314419

一晩に何度も射精は無理という方でも、単純にセックスの回数を増やしていくことで満足できるという女性はいます。

むしろ、遅漏気味だと挿入時間が長すぎて愛液が分泌されなくなってしまい、性交痛を伴うケースもありえます。

ただし!

回数でカバーできる体力があるのは、せいぜい20代の若い時期だけです。

30代以降になれば、仕事も責任あるポジションを与えられてドンドン消耗していきますし、結婚や子育て、人生の大きなイベントもやってくると、今のようにパワフルなセックスを維持できる男性は激減するんじゃないでしょうか。

また、回数で早漏をカバーしている男性の多くは、射精コントロール術を実践していないので、年齢を重ねたときに早くイク癖がなかなか抜けずに、中高年以降のセックスで苦労することが予想されます。

まとめ

早漏を克服出来ないまま人生を過ごす3つのデメリットについて、特徴をまとめると、下記のとおりです。

  • 1.性行為はすべて自身の性欲処理として考えている男性は、年を取るにつれて独り身の寂しさや辛さが待っている
  • 2.妻や彼女(パートナー)に女の悦びを与えられない男性は、常に浮気される危険と隣り合わせ
  • 3.絶倫セックスによる回数でカバーできるタイプは、若いうちは良いけど年齢を重ねるとセックスがキツい

「俺は早漏でも良い!」と開き直るのは簡単ですが、相手あってのセックスである以上、早漏を放置しておくと色々な問題は生じることが分かって頂けたと思います。

まず最初の「自分だけ射精出来ればそれで良い」というタイプは、オナニーや風俗、セフレなどを利用した独り身の人生を送ることを意味します。
愛する女性との気持ち良いセックスを経験しないまま年を取っていくのは、とても寂しいことです。

2番目の「妻や彼女を悦ばせられない」タイプは、ずっとパートナーに苦痛を与え続けている意味ではレイプしているようなもの
いずれはセックスレスになり、相手が離れていくのは目に見えています。

3番目は男女ともにセックスを楽しめる絶好の選択肢ですが、年齢を重ねてもこれを実現できるのは能力の高い一部のスーパーAV男優くらいなものでしょう。
長期的な視点で考えると、早漏のままでは厳しいです。

突き詰めると、早漏を放っておくことは漢として非常に寂しい人生を歩む、不幸なことであるといえます。

押し付けに感じるかもしれませんが、僕は世の早漏男子はちゃんと女性を挿入で感じさせる努力はすべきと考えています。

早漏対策に役立つオススメ教材


スパーキー佐藤の早漏革命

スパーキー佐藤の早漏革命

りんこの早漏旦那が証明してくれたように、スパーキー佐藤の早漏革命は数ある早漏改善法の中でも断トツで期待できます。

もし、全く効果が無かったら90日以降365日以内に電話するだけで全額返金してもらえるので、完全に「ノーリスク」で試すことができるので、安心ですね!

田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ

田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ

早漏改善ブートキャンプは、悪い教材ではありませんが、返金保証がないのが玉にキズ。

でも、講師である田淵正浩氏はAV男優界ではレジェンド的な存在ですから、彼の早漏対策法を習得できれば、普段のセックスが劇的に変わること間違いなしです。


早漏治療ができる病院まとめ

笑顔の女医
包茎・亀頭増大・早漏治療ができる病院エリア別まとめ

首都圏地区 東京 神奈川 埼玉 千葉 近畿地区 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 東海地区 愛知 静岡 岐阜 三重 関東地区 茨城 栃木 群馬 山梨 北海道・東北地区 北海道 青森 岩手 秋田 宮 ...

続きを見る

-セックスのお悩み

Copyright© りんこ夫妻がゆく!早漏改善体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.