りんこ夫妻がゆく!早漏改善体験談

あなたと同じように旦那の早漏と向き合いながら改善に取り組んできた体験談などをご紹介しています

早漏の防止・改善 早漏防止薬

早漏とED(インポテンツ)の関係性とその対策について

投稿日:2017年2月21日 更新日:

早漏が原因で引き起こされるED(インポテンツ)もあれば、EDから引き起こされるPE(早漏症)もあります。EDと早漏に関係性があることは、数々の症例から立証されています。

一昔前は、勃起しない男性が使う薬といえば「バイアグラ」というイメージでしたが、最近ではバイアグラと同じ効果を見込めるジェネリック薬の中に、EDだけでなく早漏も改善するための成分を使った製品が数多く発売されています。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、新薬を開発した企業・メーカーが取得した特許の期限が切れた後で、後発組として新薬と同じ成分を使って製品化されたお薬です。

新薬の開発時点で、すでに安全性や有効性を確認している成分を使用しているので、費用を安く抑えられるメリットがあります。

早漏治療薬のジェネリックを見ていると、インドの製品が多いことに気付くと思います。

これは、インドでは製品化された新薬と同じ成分を使用していても、製法さえ違えば特許切れを待たずとも製品化することが認められているためです。
これが、インドがジェネリック大国と呼ばれる所以です。

ここでは、EDと早漏症の関係性を解説するとともに、どちらの治療にも使える薬についていくつか触れていきます。

EDになる原因とは

EDとは、何らかの原因によって海綿体(※ペニスに血液を送り込む血管)に血液がうまく集まらずに、ペニスが膨張されない、つまり勃起不全が起こることをいいます。

それでは、なぜEDが引き起こされるのかという疑問が沸きます。一般的なイメージでは加齢による血行不良ですが、現代においては若年層であってもEDになるケースが増えています。

心因的な原因によるED

勃起するまでのメカニズムは、五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)によって性的刺激を受けたときに脳から神経を伝って「性的刺激の伝達」がなされますが、自律神経が乱れていることで伝達がスムーズにいかなくなり、EDの症状が現れることがあります。

日常のストレスが重なる生活、特に毎日仕事で忙しく働いている人などは、自律神経のバランスが崩れ心因性EDになりやすいと言われています。

現代病として最近テレビなどで取り上げられるのが、夫婦間の問題によって引き起こされるEDです。忙しい生活の中で、排卵日に合わせて子作りをする夫婦の夫側は、「失敗できない」というプレッシャーからEDとなる症例があります。

僕も童貞で初エッチの時に勃起できずに射精してしまった経験が足かせとなり、その後のセックスもしばらくは勃起できなかったことがあります。このように「失敗するかも」と心配やプレッシャーがかかる状態が心因性EDです。

原因のはっきりしているEDは対策も考えやすい(※僕の場合なら慣れるまでひたすらセックスをするなど)ですが、中には幼少期に受けた性的虐待や同性愛に対するコンプレックスなどの深層心理に根付いた原因の場合は、治療に時間がかかる可能性が高いです。

加齢や生活習慣病によって引き起こされるED

お酒やタバコ、バランスの悪い食生活や不規則な生活リズムが原因で、糖尿病や高血圧、脂質異常症や動脈硬化といった様々な症状を引き起こす病気全般を総称して、生活習慣病といいます。
年齢がまだ若くとも、身体に負担のかかる生活を送っていることでEDの症状が現れることもあります。

加齢によって起こるEDの原因は、主に動脈硬化によって血流が悪くなり、ペニスに血液が集まりづらくなるケースです。

ある調査によると、糖尿病患者の約8割、高血圧患者の6~7割、脂質異常症患者の約6割がEDを併発しているというデータもあります。

併発する様々な薬剤性ED

うつ病患者に有効とされる抗うつ剤SSRIは、ダポキセチンという成分の働きによって「セロトニン」の分泌量を増やします。「セロトニン」の分泌量が増えると、副交感神経が優位に働くようになるので、射精までの持続力がアップするわけですが、日常的に摂取することによって男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減少し、EDとなることがあります。

この「テストステロン」を減少させる働きを持つ成分は、他にも前立腺がんや薄毛治療(AGA)などで使われる薬にも含まれていることがあります。

また、生活習慣病によって血管が収縮することで起こる血圧上昇を抑える降圧薬は、薬の働きによって血管を広げ、血圧を下げるわけですが、この効果によって血流が悪くなることでペニスに血液が集まりづらくなり、EDを引き起こすことがあります。

EDの原因についてまとめ

  • ストレスや性的コンプレックスなどによって引き起こされる心因性ED
  • 生活習慣病によって血流が悪くなることで起こるED
  • 加齢による動脈硬化によって起こるED
  • 抗うつ剤や降圧剤などの副作用による薬剤性ED

早漏になる原因とは

早漏に関する定義は様々な形式がありますが、僕個人の見解としては射精をコントロールできない状態が早漏であるという認識です。

(※女性が満足する前に射精するのが早漏という意見も多いですが、その問題はむしろセックステクニックよりの話になると思っています。)

具体的には、フェラチオや手でシゴいて刺激を受けているときに、徐々にくる射精感に対して刺激を止めても堪えきれずに漏れてしまう状態が早漏だと思っています。

セックスの挿入時間でいえば、10分未満を早漏と位置付けています。それでは、射精コントロールが出来ない早漏の原因について、説明します。

過敏性早漏

ペニスへの刺激に弱いという身体的原因による早漏を、過敏性早漏といいます。仮性包茎は特に、勃起時以外は性的刺激に敏感な亀頭が包皮で覆われているため、過敏性早漏になりやすいといわれています。

自分が過敏性早漏かどうかを確かめるには、勃起時に露出している亀頭をローションなどでぬるぬるにして、手で包み込むように刺激してみると分かりやすいです。ゾクゾクとした感覚で立っていられないとか、身をよじってしまうような方は、過敏性早漏である可能性が高いです。

心因性早漏

心因性早漏は、性的な経験不足からくる過剰な興奮状態によって引き起こされるケースが最も多いといわれています。

例えば、学生の頃にAV動画を初めて観た時の性的興奮と、大人になった時のそれとは雲泥の差があります。射精するまでの時間や射精回数も変化します。これは、最初の頃よりも性的興奮が徐々に弱くなっていったことが原因です。

心因性早漏もこれと一緒で、セックス経験の浅い男性の性的興奮度合いと、経験豊富な男性のそれとは差が生まれます。つまり、セックス経験の浅い若年層はこの心因性早漏である可能性が高いです。

心因性による原因は、個人の性癖や過去の性体験によって形成されていますので、具体的にこうすれば治るというものでもありません。具体例を挙げると、「巨乳の女性が相手だとガマンできない」「騎乗位だとすぐにイッてしまう」「看護師などのコスプレだと異常に興奮する」などです。

仮性包茎の男性なら誰もが経験のある皮オナニーなどによる早イキを癖づけてしまうことで、セックス時でも早く射精するようになってしまう早漏タイプもあります。※これは、以前の僕もそうでした。

衰弱性早漏

衰弱性早漏とは、加齢によって射精をコントロールする筋肉(=射精管閉鎖筋)が衰えてしまう状態です。特徴としては、射精時にオーガズムに達した感覚を感じられず、文字通り漏れるように精子が排出されます。

余談ですが、アスリートはセックスが上手だという噂を良く耳にします。

その理由として、下半身をしっかりと鍛え上げていることで長時間のピストン運動を苦に感じないこと、射精コントロールする筋肉が発達していることと、もう一つが勃起力を高める男性ホルモン成分である「テストステロン」の分泌量が多いことがあるそうです。

セックスのプロであるAV男優さんのほとんどが身体をマッチョに鍛え上げているのは、きっとこういった理由があるからなんでしょう。

早漏の原因についてまとめ

  • ペニスへの直接刺激に弱い過敏性早漏
  • 様々な原因が考えられる心因性早漏
  • 射精コントロールする筋肉が加齢によって弱まる衰弱性早漏

EDと早漏は密接に関係してしまう理由

EDとなると、性行為時にフニャチン状態で刺激を受け続けることになります。先ほど触れた「皮オナニー」もそうですが、もっとも敏感となるのがペニスが勃起する前です。

通常は、刺激を受ければ勃起して固くなり、鈍化するので良いのですが、EDでペニスが柔らかいままだと敏感状態で刺激を受け続けてしまうので、早漏を併発することになります。

早漏の状態からEDとなるケースもあります。僕が初エッチで勃起できなかったこともこれに当たります。次回以降の彼女とのセックスの時も「また失敗したらどうしよう」「ちゃんと勃つかな?」「うまく挿入できるだろうか?」といった不安ばかり頭に浮かぶことで、ED状態から抜け出せずに早漏の状態も続いてしまいます。

近年では、こうしたEDと早漏の相関関係に注目した海外のメーカーが、EDと早漏のどちらにも効果がある製品を発売するように変わってきています。

EDと早漏治療を同時に行う製品

もともとED治療薬として有名な「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」は、それぞれ使われている成分は違いますが共通した働きとして「血管拡張作用」があります。「バイアグラ」では、シルデナフィルという成分の働きによって勃起力をサポートしています。

早漏治療薬として有名なのが、世界60か国で認可が下りている「プリリジー」という薬です。こちらは「ダポキセチン」という成分の働きによって、セロトニンの分泌を促し副交感神経を働かせることで、早漏の抑制を実現しています。

EDと早漏の関係性が注目されてきた中で、この2つの効果(※勃起力と射精を遅らせる)を同時に見込める治療薬が発売されています。

  • スーパーカマグラ・・・シルデナフィルとダポキセチンの働きによって勃起力と早漏症改善
  • スーパーPフォース・・・シルデナフィルとダポキセチンの働きによって勃起力と早漏症改善
  • タダポックス・・・ED薬シアリスに使用されているタダラフィルとダポキセチンの働きによって勃起力と早漏症改善

ただし、日本では早漏治療薬はほぼすべて無認可であるため、購入する場合は個人輸入による方法しかありません。

関連記事⇒ 早漏防止薬を購入するにはどうすればいいの?疑問が沸いたので調べてまとめました!

EDと早漏を併発してしまった場合、こういった海外の薬を使った治療方法が最も効果的だと思います。しかし、個人輸入である以上、偽造品を買わされるといったリスクは付いて回ります。もし、購入されるときには大手の通販サイトを利用するようにしましょう。

早漏対策に役立つオススメ教材


スパーキー佐藤の早漏革命

スパーキー佐藤の早漏革命

りんこの早漏旦那が証明してくれたように、スパーキー佐藤の早漏革命は数ある早漏改善法の中でも断トツで期待できます。

もし、全く効果が無かったら90日以降365日以内に電話するだけで全額返金してもらえるので、完全に「ノーリスク」で試すことができるので、安心ですね!

田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ

田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ

早漏改善ブートキャンプは、悪い教材ではありませんが、返金保証がないのが玉にキズ。

でも、講師である田淵正浩氏はAV男優界ではレジェンド的な存在ですから、彼の早漏対策法を習得できれば、普段のセックスが劇的に変わること間違いなしです。


早漏治療ができる病院まとめ

笑顔の女医
包茎・亀頭増大・早漏治療ができる病院エリア別まとめ

首都圏地区 東京 神奈川 埼玉 千葉 近畿地区 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 東海地区 愛知 静岡 岐阜 三重 関東地区 茨城 栃木 群馬 山梨 北海道・東北地区 北海道 青森 岩手 秋田 宮 ...

続きを見る

-早漏の防止・改善, 早漏防止薬
-,

Copyright© りんこ夫妻がゆく!早漏改善体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.